天上の龍神様

天津神大龍神宮 あまつかみだいりゅうじんぐう

神社紹介
ホーム > 神社紹介

神社紹介

御祭神と御神徳

天津神大龍神(あまつかみだいりゅうじん)
一般に知られている水龍や蛇神とは異なり、それらの神々の上位の龍神、光り輝く大龍神として天上界と人間の世界を繋いで廻り、天上の大神たちの様々なお力を届けて下さる神様として、当神社にまつられております。

御縁起
敬神崇祖を基として幼少より霊的な力に優れた佐藤栄一(現在、当神社神職)は、建具工場経営の傍ら自社内に小規模の社(やしろ)をまつり、神々からの力により様々な人助けの奉仕活動を行っておりました。

その活動を続けるうちに天津神大龍神と称される神よりご神託を授けられ、これからの世に必要となる神まつりの伝承(古義の再興)と後に続く者等への道を開く為、神社の創建を決意するに至りました。

天津神社(あまつじんじゃ、石巻市蛇田)宮司からの教示、他県神職からの指導、助けられた人々(崇敬者)からの協力、地元の篤志家からの助力など、様々な支援を受けて平成十年に新たな神殿が完成し、工場内の社より御神体を遷座して神社としての神まつりが始まりました。
神社明細(平成21年12月現在)
鎮座地 宮城県石巻市沢田字日影山二番地の一
神社名 天津神大龍神宮(あまつかみだいりゅうじんぐう)
御祭神 天津神大龍神(あまつかみだいりゅうじん)
天神地祇(あまつかみくにつかみ)
祭儀 例大祭 5月下旬 
旧神殿創建奉祝祭 12月27日
他(年中行事参照)
神殿
(本殿)
木造鋼板葺き平家建て
床面積 162,30㎡(約49坪)
主要構造物 社号標(双昇龍、角柱)、鳥居(大、小)、狛犬一対、七福神磐座、
水神磐座
境内地 神社有地 10930㎡(約3312坪)
借地(無償) 26020,35㎡(約7884坪)
神職数 4人
崇敬者数 講員登録数 個人 156(家族含まず)/事業体14 
一般崇敬者 約640人(講員家族含む)

略沿革

平成 3年12月27日 御祭神が旧神殿に鎮座
平成 7年11月 8日 崇敬者の団体「天津神大龍神講」を発足
(後に天津神大龍神宮講と改称)
平成10年 5月16日 神社本殿(神殿)完成後、旧神殿より御神体を遷座(遷座祭斎行)
平成20年 4月23日 宗教法人「天津神大龍神宮」設立
支援団体 天津神大龍神宮講(あまつかみだいりゅうじんぐうこう)
天津神大龍神講(設立:平成七年十一月八日)を前身として天津神大龍神を崇拝する崇敬者が組織する団体。天津神大龍神宮の運営協力と 講員(入講した崇敬者)相互の親睦を目的とする。
 

ページ上部へ